消費者金融

支払いが遅延した場合

金融会社からの借金が増えてくると必然的に毎月の支払いがきつくなってきます。そうなってくると、返済が滞ってしまい、金融業者からの厳しい取り立てが待っています。

最近はさほどではないですが、一昔前までは債権者を自殺に追い込むほど厳しい取り立てが行われていました。

まず最初に自宅へ催促の電話がかかってきます。それでも支払いが不履行なら、直接自宅へ取り立てにやってきます。自宅に居なければ勤務先へ取り立てに来ます。そうなってくると、精神的にかなり追い込まれてきます。

自己破産をする場合

自己破産の申し立てをする場合、裁判所に自己破産を申し立てるまでは債権者本人に対しての取り立て行為は、電話も自宅への訪問も違法ではありません。中には暴力団まがいの取り立て行為や、勤務先への嫌がらせがあるかもしれません。

しつこい行為に家族がノイローゼにかかってしまうケースも少なくないのです。しかし、逆に言えば、自己破産を申し立ててしまえば、すべての取り立て行為は禁止されますので、取り立てからは解放されることになります。

また、自己破産の手続きを弁護士や司法書士に依頼した場合は、各債権者は依頼人に対して直接取り立てができなくなります。

0

自己破産の手順

自己破産の依頼を受けた代理人は、事件を受任した通知を各債権者に送付することになり、各債権者がそれを受け取った時点で、債務者はわずらわしい取り立てからすべて解放されることになります。また、自己破産の手続きには大きく分けて2つに分類されます。

一つは破産を裁判所に申し立ててから破産手続きが決定するまでと、もう一つは破産手続きが決定して免責が下りるまでです。申し立てをして破産手続きが決定したのみでは、借金はチャラになったわけではないのです。