消費者金融一覧

キャッシングのための基礎知識

キャッシングで損をしないためには最低限の金融知識が必要です。

金融会社でお金を借りれば必ず元金とともに金利を支払う義務が発生します。一部では一定期間金利のかからない無利息ローンなどもありますが、基本的には金利を支払うことになります。同じキャッシングをするなら、少しでも金利の低い消費者金融で借りたいものですが、貸す側にすれば誰でもお金を貸すわけにはいきません。

毎月きちんと収入のあるサラリーマンでなければ信用力がないのです。したがって無職や専業主婦といった部類の人はあきらめる他はないでしょう。どんなに審査基準の甘いキャッシング会社であっても、そのような無収入の人は審査に通ることはありません。

自分の状況(収入、現在の借金総額、過去の借金履歴)などを勘案して、借入先を選びましょう。一番お薦めのサラ金業者は大手銀行系です。

消費者金融

審査の甘さのみで判断しないこと

人間誰しも借り入れ審査で落とされたくないのは当然のことです。借金がないサラリーマンであれば、大手や銀行系を含む殆どの金融業者で審査は通るでしょう。しかし、現在他社からの借り入れがある人は、支払い能力に問題があるとされて、審査も厳しくなってきます。

金融会社が一番重要とするのは、何よりも支払い能力です。貸したお金を確実に返済してくれる優良客を彼らは望んでいるわけで、返済してくれるかどうか不安定の人は除外されるのは当然のことです。

しかし、そういった多重債務者を専門にしている金融業者も存在しているのは事実で、彼らは大手や中堅クラスの消費者金融で借りれないような人を対象に融資をしています。

0

規模は大手と比べたら各段に小さくて、地方の個人事業主といった程度の金融会社です。どうしてもお金が必要になれば、最終的にはこのような小規模の金融業者で借りることになってしまいます。

基本的に審査が甘い業者はこういった小規模のマチキンになります。地域に密着していますので、貸したお金の取り立てにも自信があるのでしょう。だから少々の多重債務者にも融資をしてくれます。

きちんと支払いを履行してれば、何も問題はありませんが支払いが滞ってしまうと厳しい取り立てを受けることになりますので、自信の無い方はこういった金融会社は回避されたほうがいいでしょう。

主婦の方がキャッシングするには

主婦といえども、パートなどで一定の収入がある方は通常通り審査には通ります。昨今、女性の利用客が増加したことで、大手をはじめ中堅どころの消費者金融でも、女性を対象としたレディースローンを設置しています。

レディースローンはその名の通り、女性でも借りやすいよう女性のオペレーターが対応しています。そもそも消費者金融の前身である団地金融とは、そういった主婦を相手に金貸しをしていた経緯があるので、歴史的にもレディースローンは古いということです。

金融サービス的には通常の金融商品と同様、一定期間利息のいらない無利息ローンや、WEB完結審査などもあるようです。

審査に通る条件

借入審査には誰でも通るというわけではありません。ご存知のように、消費者金融のような金融業者は、個人の信用を担保に融資をするシステムです。

個人の信用とは、即ち「返済能力」です。貸したお金がきちんと返済してもらえるかどうかを審査で判断するわけですが、信用が低いと担保になりませんので、必然的に審査で落とされることとなります。審査に通る条件として以下の項目があげられます。

  1. 借入件数が5件以内
  2. 借入総額が年収の三分の一以内
  3. 毎月決まった定収がある
  4. 過去7年以内に債務整理をしていない
  5. 支払いの遅延をしていない

最後の項目の支払いの遅延については、一度や二度程度では問題ありません。払い忘れは誰にでもあることです。しかし、数十回も繰り返していると信用情報機関の事故情報に登録されている可能性があります。そういった方は、信用も低くなりますので新規借入は難しくなります。